無理なく続けられるアンチエイジングとは

20160324d
数年前からよく聞く言葉。「アンチエイジング」と聞いてどんなことを想像しますか?
人は、生まれた瞬間から止まることなく年を取り続けて、その体はどんどん変化をとげていきます。
女性は20代前半をピークに様々な機能が年齢と共に衰えていくのも事実。
そんな自然な変化に、少しでも逆らおうという前向きなキャッチフレーズが「アンチエイジング」だったのではないかと思います。
「アンチエイジング」とひと口に言っても、考え方やその方法は人それぞれですね。
私が考えるアンチエイジングは単純に加齢に逆らうというよりは、自分に起きる身体的、精神的な変化を上手に受け入れ、それを前向きに見せることです。
それは目元がだんだんと下がってきたり、口周りにほうれい線が目立って来たり、髪にハリやコシがなくなり白髪も目立って来たりと、見た目で明らかに分かることから、疲れやすくなったり生理周期に変化が起きたり、ちょっと情緒不安定になる時期があったり、と内面的なことまで。

各化粧品メーカーが出している「アンチエイジング」の商品も、目を見張るものがあります。
肌にハリをあたえる成分が入っていたり、美白効果の高い、シミを消してくれる商品もありますね。
たとえば私の場合、目元専用の美容液は、30代半ば過ぎてから手放せなくなりました。
年々、目元の小じわ(特に笑った時の小じわ)が増えてしまい、ちょっと疲れた翌日なんて自分でも信じられない位目元に年齢が出てしまうのですが、目元にしっかりエイジング美容液を付けて寝た翌日は、ハリがでて明らかに実年齢より若く見せることができます。
20代前半は、化粧水と乳液をするだけで何も問題がなかったのですが、さすがに40代も近くなるとそれだけでは足りなくて、しっかりと保湿力のあるクリームと目元美容液を選ぶようにしています。
寝る前に枕元に置いてササッと塗るだけなので、とても簡単です。

また、内面から体を見直し体質を変えるもの立派なアンチエイジング対策と言えると思います。
若い頃は夜中まで友達とカフェでお茶をし、甘いケーキを食べたり、夜食にラーメンなんて日もありましたが、さすがに今は胃にもたれてしまいます。
チョコレートをたくさん食べると、私はすぐに肌に吹き出物が出来るのですが、そんな時、人間の体は本当に食べたものから出来ているんだと実感します。
アンチエイジングも、今の食生活を見直してみるきっかけにはとても良いことだと思います。
仕事や子育て、親の介護に忙しい世代だからこそ、食生活を甘く見ないでしっかりと栄養のあるものを適量頂く、できるだけ体やお肌によいビタミンが摂れる野菜をしっかり食べることも、アンチエイジングの第一歩だと思います。
時間の無い人ならスムージーもいいですね。私は小松菜やバナナを入れたスムージーを出来るだけ朝食に取り入れるようにしているのですがお通じも自然と良くなり。吹き出物も出にくくなりました。

私も、つい気合を入れて高い化粧品を買い漁ったり、エステに通わなきゃと意気込んだりしてしまいがちですが、無理なく、自分のペースで生活に合ったアンチエイジングの方法を見つけて、出来ることから始められたら、きっと続けて行けるような気がしています。
気負わずに、まずは出来る所から初めていけたらいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です