菰野町 希望荘自助の湯

jijyo
三重県菰野町(コモノチョウ)の湯の山街道は、四日市市から西へ伸び、御在所岳の中腹を峠にして越え、そして滋賀県に通じる道へと続いています。希望荘は、その湯の山街道をどんどん進み、あたりにももう企業の保養所やリゾートホテルが見えなくなった頃にポツンとある三重県勤労者福祉センターが設けた宿泊施設です。
広い駐車場に車を停めて、施設の入り口をくぐるとホテルのロビーのような空間があり、そこでくつろいでコーヒーを飲むこともできます。

施設内の温泉に入るには、そこから何と小型のケーブルカーに乗ってかなり下の別の建物まで降りてゆきます。
その間、四日市市の方向を一望でき、夕方になると特に綺麗だと思います。
ケーブルカーを降り、一階だけエレベーターで上がって自助の湯へ。
お湯は透明、浸かっていると肌がヌルッとした感触になって天然温泉に浸かっているという実感があります。
屋内の温泉に浸かっていても風情はありますが、何といってもやはり屋外の温泉に浸かってみるのがいいでしょう。
ちょうど高台にあるので、そこから見える四日市市の方向の景色がよく、とても開放感があり、休日の寛ぎを思い切り感じることができると思います。
そうして十分温泉に浸ったら、次はエレベーターで2階下に降りて菰野茶屋で食事をしたり生ビールで乾杯。
定食、おつまみ、鍋物、焼き物等の田舎の土地らしい食べものを安い値段で堪能できます。
堀コタツ風の仕切られた空間がいくつもあり、そこでしばらく食事をしていると、温泉の寛ぎの余韻に浸り、田舎に来たという実感がわいてきます。

土曜・日曜という短い休暇に中身の濃い日常に経験できない寛ぎを得るには、この施設に行くのはとってもいいですね。
春夏秋冬と季節を問わず利用できるとは思いますが、何しろこの地域で有名な「湯の山温泉」の温泉街よりも標高が高いくらいのところに位置しています。
冬場は雪道になることや、場合によっては閉鎖になることを覚悟した方がいいかも知れません。
春夏は爽やかな休日を過ごせると思いますし、秋の見頃になれば紅葉が美しいのも楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です